積極的に恋をしよう

どんなすぐれた機械製品でも、使われずに放置すればどんどん機能は低下していきます。人間の体も同じで、ろくに足腰も動かさず怠惰な生活を送っていれば自然と体力や身体機能が衰えることになります。

中年男性の多くが抱える精力の問題も、下半身を使わなくなったことにより、性機能の低下を招いているケースがあります。さらに、加齢とともに男性ホルモンが減少すれば、ますます勃起不全や早漏といった性機能障害に拍車をかけることに。これは男性として、由々しき事態といえるでしょう。

この記事を読んでいる人の中には、独り身のアラフィフ生活を送っている人もいるでしょう。このままずっと一人で生活するのと、素敵なパートナーを見つけて日々の生活に彩りを加えるのと、どちらがいいでしょうか?ここでは、実りある老後生活を送るためにはセックスも大事、という視点から、恋愛で精力減退を乗り切る方法をお伝えします。

恋愛すると、男も女も生き生きする

「恋をすると女性はキレイになる」とよくいわれます。これは医学的にも実証されていて、恋をすることで快楽物質といわれるドーパミンやセロトニンが大量に分泌され、気持ちが自然と前向きになり、よりキレイでありたい、と思うようになります。そうなると肌の手入れに気を遣うようになり、メイクも工夫してどんどんキレイになっていきます。恋をしたことによる心の変化が女性を輝かせているといってもいいでしょう。

恋をして、その恩恵にあずかるのは何も女性だけではありません。男性にとっても、大いにプラスに働きます。男性の場合、恋をするとテストステロンとよばれる男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンが増えるということは、より男らしくなり、顔つきも肉体も、たくましくなることを意味します。女性からすれば、魅力的な男性として映り、そんな人に「引っ張って欲しい」と思うのではないでしょうか。

男性ホルモンは、年齢とともに分泌する能力が衰え、減少していくのが道理です。しかし、恋をすることで、テストステロンの減少を防止し、いつまでも若い体と身体機能の維持を図ることができます。素敵な人と巡り会い、そのうえ生殖能力もキープできれば、まさに一石二鳥。恋愛から遠ざかった人生を送っている人でも、恋の重要性を認識できるのではないでしょうか。

使わなくなった機能をよみがえらせる

中年にさしかかると、自然と異性と出会う機会も減ってしまいます。独身生活を送っている男性は、夜の生活もご無沙汰となってしまい、下半身の機能不全を招く原因ともなります。

積極的に恋人を作ることで、精力の減退という悩みからも解放されます。安定したセックスライフを送り続けていけば、しっかりと性機能を維持することも可能でしょう。精力の減退を招かないためには、常に性機能を生かす生活基盤を持つこと。それにはやはり、恋人を作ることが最も合理的な方法といえるでしょう。

自分から動いてこそ、恋は実る

恋に年齢は関係ありません。年を気にして臆病になっていてはせっかく転がっているチャンスもみすみす手放すことになってしまいます。そんなもったいない人生にしないためにも、自ら積極的に動いて出会いを探し、安定した性生活を築き上げましょう。

中国4000年の精力剤

アリが精力剤って本当?

アリが精力剤って本当?

インチキが多い中国の精力剤

インチキが多い中国の精力剤

おしっこからつくった「秋石」

おしっこからつくった「秋石」

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

Copyright© 元気のなくなってきた男性のための媚薬の話 All Rights Reserved.

■参考サイト:http://allabout.co.jp/gm/gc/22748/
       http://allabout.co.jp/gm/gc/64795/2/