ジェネリックED薬が安い理由

EDとは勃起不全、つまり性器が勃起しないためにセックスができない状態を指します。これはそもそも勃起しないことから、勃起はするが充分に固くならない、セックスの最中に勃起しなくなる"中折れ"など、様々なパターンの総称です。「俺はセックス自体はできるからEDじゃない!」というのは誤りで、セックスで射精に至る前に萎えてしまうならEDの症状が出ています。
ストレス? 不安? 妻とだけセックスできない理由
この「セックス自体はできる」というものの中で、最近話題となっているのが"妻だけED"です。これは妻(あるいは彼女)とのセックス時にのみEDとなってしまうというもので、妻以外の女性とセックスする際は充分に勃起するのに、妻が相手の場合のみ萎えてしまう、というものです。

EDは一般的なイメージのEDである、そもそも勃起しない、といったケースを指す"一般型"の他、特定の状況でのみEDとなってしまう"心因型"があります。心因型EDは、ストレスや不安感などが原因で起こるため、そうしたストレスなどを感じない場合には勃起するが、ストレスが多い状況だとEDになるというものです。そして"妻だけED"もこの心因性EDとなります。

なぜ妻が相手だとEDになってしまうのか? この理由も様々です。長年連れ添った結果、妻を女性として見れなくなってしまうこともあります。加齢(お互い様ではありますが)によって性的魅力が減じてしまう、妻というより母のような存在となり、性的対象と見れなくなる、夫婦仲が悪化したため、妻というより"子どもの親"として見てしまう、など人により理由は異なりますが、いずれも"妻=女性"と見れなくなってしまうことが原因です。

また、妻とのセックス=子作りと考えると、なかなか子どもができないことで不安感を感じたり、焦燥感をかられたり、子作りアピールの強さに辟易としてしまったり、といった妊娠に関連するストレス、不安からくる"妻だけED"もあります。妻以外の女性とのセックスであれば、子作りの対象外なのでセックスもできるが、子作り目的のセックスではEDに、というパターンです。
逆パターンはあまり問題にならない
逆のパターンで"妻以外だけED"というものもあります。こちらは妻以外とのセックス=不倫、不貞と考え、その罪悪感などから心因性EDとなってしまうのですが、妻以外とはセックスしないという人の方が多いだけに、あまり問題とはされないようです。

結婚前で、不特定多数の相手とセックスしても問題ない立場の人が、特定のパートナー(彼女)以外とはセックスできなくなるのも"妻以外だけED"と同じです。そのセックスできるパートナーと最終的に結ばれればいいですが、破局してしまい、セックスできない症状だけが残ると問題になります。この場合は他の女性ともセックスができるように、ED治療を行なう必要があるでしょう。
心因性EDも治療は必要
"妻だけED"の場合も、子作りが必要かどうかは別として、治療を行ったほうがいいでしょう。お互いに年を取ってセックスレスとなっているなら別ですが、やはり定期的にセックスをすることは、男性にとっても女性にとっても生きがいのひとつとなりますし、若々しさを保つ秘訣でもあります。妻はセックスを求めている(求めることもある)のに男性が不能では、それが離婚の原因となる場合だってあります。

EDはバイアグラなどの治療薬を使用することで、治療が可能な病気です。心因性の場合は、ストレスや不安の原因を取り除けばバイアグラに頼らなくても治癒することもあるでしょう。クリニックで検査を受け、薬を使うかカウンセリングを受けるなどして、EDの原因を取り除きましょう。