手軽に楽しもう・こんな食べ物にも 媚薬効果が

いきなり媚薬を購入して使うのはちょっと抵抗がある、という人におすすめなのが「媚薬効果のある食べ物」を積極的に摂取することです。
化学的な知識や技術がなかった昔の人たちは、身近にある食べ物や植物の中から精力増強や性欲亢進を促す働きをもたらしてくれるものを使っていました。
そんな先人に知恵にぜひとも学びたいですね。

媚薬効果のある食べ物あれこれ

心身が「ムラムラする」、性欲亢進や催淫効果があるとされる食べ物にはトウガラシやショウガ、カルダモンなどの香辛料を筆頭に、チョコレートや赤ワイン、ザクロ、アボカドといった意外に身近なものが挙げられます。
トウガラシ(チリ)に含まれる辛味成分カプサイシンは、体に吸収されると脳に刺激を与え、アドレナリンの分泌を促します。アドレナリンは言わずと知れた興奮を招くホルモンですよね。全身の血管を拡張する働きもあるので、男女問わず効果的と言えるでしょう。
ショウガも同様に血行を促進してくれるため冷え性の女性におすすめですが、特に性器の血流を活性化する作用があると言われていることはご存知でしょうか?
冷えを解消し、性感も高まるという一石二鳥が期待できます。
ビターなチョコレートと赤ワインは大人の恋愛にふさわしいムードを高めるのにもってこいの組み合わせですね。チョコレートにはドーパミンの分泌を活性化するフェニルエチルアミンが含まれており、催淫効果に加えて幸福感やドキドキ感など、セックスには不可欠の心理状態を作ってくれます。また、赤ワインにはポリフェノールの一種で抗酸化物質のレスベラトロールが豊富で、アルコールと相まって血流の活性化による興奮を促してくれるので、「その気になる、させる」には最強の組み合わせかもしれません。

香りをうまく使ってみよう

麝香(ムスク)や龍涎香(アンバーグリス)は動物系の媚薬としては最高級とされています。麝香はオスのジャコウジカの性腺から分泌されるフェロモン、龍涎香はマッコウクジラの腸内にできる結石です。いずれも香水の原料として古くから珍重されてきました。
特に龍涎香は、現代では海岸に打ち上げられたものを採集する以外に入手する方法がないので、現代では同じような香りを合成して使うことが多いようです。
植物系では催淫効果のあるジャスミンやパチョリ、気分を高揚させるイランイランなどがあります。こちらも香水やアロマテラピーではおなじみですね。
ルームフレグランスやアロマポット、体につけるなど香りの演出も取り入れてみてはいかがでしょうか。

媚薬のような働きをする食べ物や香りは、身の回りに結構あるものです。
昔から言い伝えられているようなものは、日本の気候や風土にも即していることが多いので、「なるほど」と思わせられるかもしれませんね。食べ物であれば副作用の心配も少なく、健康に良いものもあるので、試してみる価値はあるでしょう。

中国4000年の精力剤

アリが精力剤って本当?

アリが精力剤って本当?

インチキが多い中国の精力剤

インチキが多い中国の精力剤

おしっこからつくった「秋石」

おしっこからつくった「秋石」

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

Copyright© 元気のなくなってきた男性のための媚薬の話 All Rights Reserved.

■参考サイト:http://allabout.co.jp/gm/gc/22748/
       http://allabout.co.jp/gm/gc/64795/2/