二人で使うとより効果的?

媚薬の本来の目的は、セックスをより楽しむこと。
繁殖のためだけでなく、快楽やコミュニケーションを求めてセックスをするのは人間だけです。
中高年になっても、その特権は存分に活かしたいものですね。

男女それぞれに使う媚薬あれこれ

媚薬の中には男女に同じような効果をもたらすものもありますが、基本的には男性用・女性用をそれぞれが使うのがよいでしょう。
男性向けの媚薬のほとんどは勃起を促し、早漏を防止するもの。持続力をアップするという謳い文句もよく聞かれますね。
中高年男性にとっては、勃起力や硬度は気になるところ。媚薬でサポートできればありがたいのではないでしょうか。
用法用量はきちんと守り、必要に応じて使うようにしましょう。たくさん飲んだらその分効くというわけではありません。血行を促進することで陰茎内の毛細血管を拡張する働きのあるものは飲みすぎると体への負担が心配ですし、効果は一定でも副作用がひどくなるものもあるのです。
一方女性用は神経活動に働きかけて性的興奮を高めるタイプが多いようです。
女性も年を重ねてくると、濡れにくくなることがあります。その結果、痛みを感じたり潤滑剤を使わなくてはならなくなり、徐々に消極的になってしまう人は少なくないのです。 また、催淫効果のあるものもセックスに抵抗を感じている女性には有効かもしれません。
中には「記憶がなくなる」ほどの効き目を謳っている媚薬もありますが、女性に無理にすすめたり飲ませたりしないようにしましょう。もし本来なら医薬品として指定されている成分が入っていたら、健康被害の恐れだってあります。健康食品レベルのものならともかく、派手に高い効果をうたっているものには手を出さないようにしましょう。
女性の体に塗るタイプの媚薬は、ぜひ男性の手でつけてあげてください。二人の親密度を高めるだけでなく、女性の興奮を誘うことでしょう。

二人で使う時に注意すること

媚薬を初めて使う時は、少なめの量から始めるようにしましょう。
媚薬にも用法用量がもちろんありますが、同時にその効き目にも個人差があるからです。
体格や年齢、その時の体調や精神状態も影響する可能性もあります。
最近話題になっているだけでなく、社会問題にもなりつつある合法ドラッグの中には、「飛ぶ」と表現されるほど効果の強いものもあるそうです。性感も高まり、それなしではセックスした気にならないという依存症に近い状態になってしまう人もいるようですが、怖いのは男女二人ともが意識を失ったり自制できなくなって考えられないような行動に出ることです。
脱法ハーブ(合法ドラッグの一種)を吸引後、車を運転して車や人に突っ込むという事故が多発していますが、運転者は一様に「記憶がない」「何が起こったかわからない」と言いますよね。 つまり、自分の行動を制御できない、判断できないということです。
このような状態にならないよう、少しでも危うさを感じた商品には近づかないようにしましょう。

媚薬はセックスを楽しむために使うもの。あくまで小道具の一つです。
媚薬がなくても二人が満足できるセックスが理想ですが、性欲や勃起力の低下など、補う部分がある時に使うなど、賢く取り入れたいですね。

中国4000年の精力剤

アリが精力剤って本当?

アリが精力剤って本当?

インチキが多い中国の精力剤

インチキが多い中国の精力剤

おしっこからつくった「秋石」

おしっこからつくった「秋石」

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

Copyright© 元気のなくなってきた男性のための媚薬の話 All Rights Reserved.

■参考サイト:http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/other/050623-1.html