そもそも媚薬ってどんなもの?

「媚薬」の歴史は古く、古代の神話などにも「惚れ薬」として登場することがあります。
性欲を高めたり性的興奮を促す作用のあるもので、催淫剤とも呼ばれていますが、男性向け週刊誌やスポーツ新聞の広告でおなじみの強精剤やバイアグラなども広義では媚薬に含まれます。

媚薬の歴史

古代から「子孫を残すこと」は人間に取って大切なことでした。
それだけに、男性は精力にあふれていることが必要とされ、称賛されたのです。
一方、女性もそんな男性を引きつけるためには性的魅力を磨かねばなりません。 こうした理由から、媚薬が珍重されたと言われています。
大昔はもちろん「媚薬」ではなく、単に精力増強や興奮を促すとしてさまざまな食べ物や植物、動物の体の一部などが使われていたのですが、その中には現代でも通用するものがたくさんあります。バイアグラのなかった時代には、勃起改善効果のある食べ物などで代用していたわけなんですね。
中世ヨーロッパで「魔女」と呼ばれた女性たちが調合する惚れ薬の中にも、こうした成分がかなり含まれていたようです。
現代では媚薬は子孫繁栄というよりは楽しみやコミュニケーションのために行うセックスの快感をさらに高めてくれるアイテムの一つとして使われています。

どんなものがあるの?

一口に媚薬と言っても、その内容は性欲を増進したり性感を高めたりするもの、その効果にしても医学的に認められているものがあるかと思えば民間伝承クラスなどさまざまです。
大きく分けると、性欲を亢進させる「催淫剤」「性ホルモン剤」、性器の充血を助ける「勃起機能改善薬」(バイアグラもここに含まれます)、経口または注射によって尿内に入り込み、体内から性器を刺激する「刺激性物質」などが挙げられます。漢方薬もそれぞれの薬効からこのいずれかに分類されるでしょう。 最近話題になっている合法ドラッグは、こうした効果がより強められていますが、法の取り締まり対象となっていないだけで麻薬のような働きをするものもありますので、うかつに手を出さない方がよさそうです。
また、女性にだけ使うものというイメージがあるかもしれませんが、その作用は男性が摂取しても変わりません。

より強い刺激を求めて怪しげな薬に手を出すのはリスクが大きく避けるべきですが、より精神的な満足度の高いセックスを求めるなら、ED治療薬のバイアグラなどを医療機関で入手するのが最適です。余計なリスクを抱えずに安全な方法で性的なQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高めることをおすすめします。

セックスは中高年層にとっても大切なコミュニケーション手段の一つです。
体がついてこない時、ムードを演出してさらに楽しみたい時、「媚薬」を使ってみてはいかがでしょうか。
信頼できる入手先を見つけて、いろいろ試してみるのもおすすめです。

中国4000年の精力剤

アリが精力剤って本当?

アリが精力剤って本当?

インチキが多い中国の精力剤

インチキが多い中国の精力剤

おしっこからつくった「秋石」

おしっこからつくった「秋石」

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

Copyright© 元気のなくなってきた男性のための媚薬の話 All Rights Reserved.