精力絶倫な男性の話を聞く

精力満点の男性というのは、どんな社会でも成功を手にしている確率が高そうです。昔から英雄色を好むというくらいですから、強い男ほど性の欲求が強くていつも女性を抱くような欲望を持って仕事にも臨んでいるということでしょうか。

50歳にしてまだまだ現役バリバリ

ある会社社長のもとで働いている時期があったのですが、その人は周囲からも奥さんからも認められる精力絶倫男でした。見るからにスケベそうな浅黒い顔に、身長は188センチあり、周囲を威圧する迫力がありました。そしてその反面、少年のようにあどけない笑顔を見せるところが女性にモテる理由だったようです。

その方は、18歳のときに働きながら自分で会社を立ち上げる準備をはじめ、現在は50代で年収は億を超えているようでした。仕事は金融業も含めて手掛けており、ちょっと危ない世界とも通じているようなところがうかがえましたが、暴力団にも簡単に頭を下げない、屈強な親分肌の人でもありました。

精力が有り余っている

その社長の困ったところは、常に女性を求めて毎日夜の街に繰り出していたことです。なにしろお金は腐るほどあるのです。いくらでも女性を惹きつけることができました。月曜日から飲みに行ってはキャバクラで豪遊して、口説き落とした女性と朝方までホテルでセックス。しかも何回もするというのです。本人が言っていることなので本当かどうかは知りませんが。

そして週に何回も違う女性とホテルに行くなど、ちょっと普通では考えられない男性でした。そして妻も子供もいるのですから驚きです。奥さんは浮気を黙認しているようなところがありましたが、その理由はちゃんと奥さんともセックスしていたので不満が無かったからのようでした。

外で女性とセックスしない日はちゃんと家に帰り奥さんともするというのですからビックリです。どうしてそんなに精力があるのか聞くと、「他の女性と奥さんとを行ったり来たりするのは、種を残そうとする男性の本能がそうさせるんだ」ともっともらしいことを言っていました。男性は、特別なものは一切しておらず、ED治療薬もたまにしか使わなかったようですが、常に男性機能は良好だったそうです。

その後、あまりにも他で遊んでいるのを容認しすぎたと思った奥さんから三行半を突きつけられ、離婚の一歩手前までいってしまったようですが、なんとか謝罪して家庭を第一にしようと思うようになったようです。

今ではすっかりおとなしくなっているようですが、それでも月に何回かは奥さんに内緒でカラ出張をして、ホテルに一気に何人も続けてデリヘル嬢を呼んで豪快に遊んでいるそうです。年齢を重ねても精力が衰えない人というのは、そもそもの体の作りが我々一般的な男性と違うのかもしれませんね。

中国4000年の精力剤

アリが精力剤って本当?

アリが精力剤って本当?

インチキが多い中国の精力剤

インチキが多い中国の精力剤

おしっこからつくった「秋石」

おしっこからつくった「秋石」

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

中国王侯貴族の精力剤「サソリ」の猛毒パワー!?

Copyright© 元気のなくなってきた男性のための媚薬の話 All Rights Reserved.

■参考サイト:http://allabout.co.jp/gm/gc/22748/
       http://allabout.co.jp/gm/gc/64795/2/